矢嶋美由希のオフィシャルサイトです。コーチング、マインドマップに関する法人向け、個人向け研修のお問い合わせはお気軽に。

マインドマップの紹介

  • HOME »
  • マインドマップの紹介

マインドマップの紹介

2006年に日本で第1期のインストラクターとなってから10年。
多くの方に受講いただきました。
そして、ぜひ我が社でも…と依頼を受けて、企業さまや各種団体さま、そして教育機関でもマインドマップをお伝えしてきました。

日本で親子講座を一番最初に開催したのも、矢嶋美由希です。

「こういう課題を解決したいのだけど…」
とご相談いただければ、適切なワークを含めて提案させていただきます。

時間、人数、望む結果などをお気軽にお問い合わせください。

ブザンそしてマインドマップとの出逢い

マインドマップ

2005年に出版された「ザ マインドマップ」の出版記念講演会が
マインドマップとの出逢いでした。
「マインドマップって???」と何も知らないまま単なる好奇心で参加したのです。
単なる好奇心は すぐに 大きな衝撃となって 私を震撼させました。

「上の真ん中にハートを3つ描いて、そこから枝を伸ばして好きなものを描けるだけ描いて!」 というワークがありました。
「好きなもの」が描けないのです。

当時、公立保育園の保育士をしていました。
同僚と比べても自分の将来設計は明確に持っているという自負もありました。

「保育士という仕事は、体力的にも一生続けていける仕事なんだろうか?」
「保育園の民営化の流れを考慮すると、昇格・昇任は先延ばしになるだろうな…」
「もっと違うことにも挑戦していけたら楽しいだろうな」
「そのためにもスキルアップをしていこう」

そんなことを常に口にしていたので、同僚からも「そんなことまで考えてるの?」
と驚かれたり、逆に相談されたりしていたのです。
それなのに、自分がいかに漠然としか考えていなかったのか…とマインドマップに教えられたのです。
考えていないことは描けないのです。

周囲の席の人は、スラスラと描いて…そのマップを見せ合って笑っているのです。
自分の中に伝えるものが無いと共有することも難しいんだ!
そんな無言のメッセージも受け取ったのです。

その後私は自宅で「なりたい自分」の自己流のマインドマップを描きました。
自己流のマインドマップでしたがこれは大きな収穫になりました。
この、たった1枚のマインドマップが、今の私を創っていると言えるほどです。
マインドマップの魅力を直観的に感じ取ったのです。

その後は学びのまとめに取り入れていきました。
具体的にはNLP(神経言語プログラミング ~ 優秀なセラピストのセッションを体系化した 実践的な心理学)を学んだ気付きを1枚の紙にまとめていきました。
テキストがあって受講中に書き込んだメモもあります。
それなりに理解出来ているつもりでした。

それなのに…たった1枚の紙にまとめるだけなのに苦労しました。
「だいたいこんな感じ」と大雑把にしか捉えられていないので、マインドマップにならないのです!
自分なりに筋道をつけて、関連性が把握出来ないと枝が広がっていかない。
どう枝分かれしていけば良いのか、手が止まってしまいます。
箇条書きだと深く理解しなくても、それなりに行を埋めることが出来ます。
マインドマップは、本当に理解しているか強制的に確認させられてしまう。
そういった感覚を何度も味わいました。

毎回、マインドマップでまとめを提出していました。
そのうちに、受講仲間から声が掛かるようになりました。
「楽しみにしているんだよねぇ~~~」

マインドマップは私の思考パターンを明確にしてくれる。
それだけでなく、私がこの学びを楽しんでいるということも伝えてくれている。

その後、仲間がインストラクターの募集の情報を教えてくれました。
私はドキドキしながら、応募をしたのです。
2006年11月に私たちは、ブザンから直接3日間の研修を受けました。

単なる放射状のノート術だと思っていた多くの研修生はブザンの人柄に触れ、
マインドマップの事例に触れるたびに、喜びと驚きを感じていきました。
「マインドマップがこんなに奥深いものだったなんて…」
というのが、共通の感想だったのです。
マインドマップとの出逢いは、日本でのスタートの時点から関わっている。
そして、開発者のブザン氏から直接指導を受けている。
ブザン氏以外の指導は受けたことが無い!というのは幸運だと想っています。

マインドマップの学び方

マインドマップ本

マインドマップは、日本で本当に広まりました。
自己流で学んだ方もいらっしゃるし、ソフトウェアで学んだ方もいらっしゃるでしょう。
本や雑誌で学んだ方も多いです。
おかげさまで、拙著「ふだん使いのマインドマップ」 http://amzn.to/2aJGYub は、
本家トニーブザンよりも上位で検索されるくらい、皆さんに愛されています。

一番、おすすめの学び方は…
やはり講座です。
出来れば、マインドマップの概要からルールを丁寧に説明して、
丸一日かけてマインドマップを自分のものに落とし込んでいく。

そんな学び方が最も定着します。
そして、それを数名で受講することです。

一人で受講しても、自分の思考の癖を客観視することは出来ません。
講師の経験が豊富であれば、思考の癖をフィードバックすることは可能です。
でも、言われて「そうかな?」と思うのと、
自分で「こんなに違うんだ!」と納得するのでは、
その後の変化に違いが生じます。

インストラクターによっては、
「100枚、描きましょう!」
という提案をする人もいるようです。

それは、トニーブザンから直接指導を受けた時に、
第1期のインストラクターが、そのように指導を受けたからです。

でも…
忙しい人は、100枚描こうとして挫折してしまいます。

なので…
2〜3枚、立て続けに描いてください。
講座受講後、1週間くらいの間だけ集中して描いてください。
そんな風に伝えています。
マインドマップ本

描くテーマは自由です。
買い物のメモでも、ToDoリストでも構いません。
楽しく定着させていくことを目標にしてください。

そうすることで、きっと…
マインドマップはあなたの頼もしいパートナーになってくれるでしょう。

なぜ矢嶋美由希なのか?

マインドマップ本

それは 保育士だったからです。

人が効果的に学ぶのは「リラックスしつつ 集中している時」だと言われています。
保育士はその「リラックスしている状態」をつくりだすプロです。
安心して過ごせる言葉・しぐさ・雰囲気を知りつくしていると言っても過言ではないでしょう。
それは「集中している時」も同様です。

大人に比べて注意力散漫と言われる子どもたちを惹きつけておけるのです。
学びに効果的な状態を一瞬で創りだせる講師だと言えます。

また保育士の仕事は砂遊びやお遊戯だけではありません。
色々な職業年齢思想価値観をお持ちの保護者(ご両親だけでなく祖父母の方も含めて)の方の
不安や悩みに対して適切に対応できるコミュニケーションスキルが必要不可欠なのです。

「安心して学べる場」であるということは講師と受講生受講生同士が双方向でやりとりして刺激し合える場になるのです。

そのために講師には高いコミュニケーションスキルが求められるのです。
そして、誰にも無限の可能性があるということを身をもって感じているというのは、
潜在的な可能性へのアクセスへのキーポイントだと考えています。

セミナー情報
矢嶋美由希のメルマガ

プロフィール写真

プロフィール写真

矢嶋美由希(やじまみゆき)
7月13日 埼玉県生まれ
血液型
O型

<経 歴>
地元の小学校・中学校を卒業後、県立の女子高へ入学。
高校では、人形劇部に所属。友人の影響を受け、手話サークルを中心としたボランティア活動にも参加。
幼児教育の専門学校を経て、公立の保育園に勤務。
保育士としての専門性を高めるため…プロフィールの続きを見る

PAGETOP
Copyright © 矢嶋美由希オフィシャルサイト All Rights Reserved.