マインドマップ®は英国Buzan Organisation Ltd.の登録商標です。日本国内では、一般社団法人ブザン教育協会がマインドマップの商標権を含む、知的財産権の利用を正式に認可された唯一の団体です。
最近のメディア掲載
■Newsweek
newsweek
■アスキームック
『本当に頭が良くなる マインドマップ®“かき方”超入門』(アスキー・メディアワークス)2010年3月29日発行
■月刊ビジネスアスキー
3月号 特別付録『マインドマップ®超速習ガイド』(アスキー・メディアワークス)2010年1月24日発行
■シティリビング
『シティリビング』527号(名古屋リビング新聞社)2009年3月20日発行
■スティービー賞
『The Stevie Award』2008「アジア女性起業家部門」ファイナリスト選出
■アスキームック
『マインドマップ®が本当に使いこなせる本』(アスキー・メディアワークス)2008年6月30日初版発行
■わたしの教室
『わたしの教室』新装刊(廣済堂)2008年5月1日発行
くわしくはこちら »

Secured by RapidSSL

Mindmap マインドマップ®

矢嶋美由希は、マインドマップ®を通してより豊かな家族関係を育んでいただくための各種講座を開催しています。

矢嶋美由希はブザン公認マインドマップ®インストラクターです。
確かなスキルと豊富な経験を最大限に生かし、
マインドマップ®のほんとうに大切なエッセンス
わかりやすくお伝えします!


4つの講座をご用意しています

[画像] 矢嶋美由希のマインドマップ®

マインドマップ®をより深くあなたの人生に取り入れていただくために、4つの講座をご用意しました。

マスター講座(旧基礎講座)に加え、矢嶋美由希が考案した3つのオリジナル講座

これらはまるでハートの輪郭のように互いにつながり、循環しています。

下図の、講座名にカーソルを合わせると、簡単な説明が表示されます。
また、講座名をクリックすると、それぞれの詳しいご紹介ページへと移動します。

矢嶋美由希に学ぶマインドマップ®アドバイザー講座 マインドマップ®マスター講座(旧基礎講座) 矢嶋美由希に学ぶマインドマップ®パパ講座 矢嶋美由希に学ぶマインドマップ®子ども講座
講座紹介 >> |矢嶋美由希に学ぶマインドマップ®子ども講座子ども講座 |矢嶋美由希に学ぶマインドマップ®マスター講座(旧基礎講座)マスター講座(旧基礎講座) |矢嶋美由希に学ぶマインドマップ®パパ講座パパ講座 |矢嶋美由希に学ぶマインドマップ®アドバイザー講座アドバイザー講座 |
このページの先頭へ

セミナー開催日程 お問い合せ お申込み

セミナー開催日程お問い合せ
矢嶋美由希の各種セミナーお申込みフォーム
このページの先頭へ

ブザン そして マインドマップ® との 出逢い

2005年に出版された 「ザ マインドマップ」の出版記念講演会が マインドマップとの出逢いでした。
「マインドマップって???」と 何も知らないまま 単なる好奇心で 参加したのです。

単なる好奇心は すぐに 大きな衝撃となって 私を震撼させました。

[画像] 矢嶋美由希のマインドマップ®

「上の真ん中に ハートを3つ描いて そこから 枝を伸ばして 好きなものを 描けるだけ描いて!」 という ワークがありました。

好きなもの」が 描けないのです。

当時 公立保育園の保育士をしていたのですが 同僚と比べても 自分の将来設計は 明確に持っているという自負もありました。
「保育士という仕事は 体力的にも 一生続けていける仕事なんだろうか?」
「保育園の民営化の流れ を考慮すると 昇格・昇任は 先延ばしになるだろうな…」
「もっと 違うことにも 挑戦していけたら 楽しいだろうな」
「そのためにも スキルアップをしていこう」

それなのに 自分が いかに 漠然としか 考えていなかったのか…と マインドマップに教えられたのです。
考えていないことは 描けないのです。

周囲の席の人は スラスラと描いて 見せ合って 笑っているのです。
自分の中に 伝えるものが無いと 共有することも 難しいんだ!

そんな 無言のメッセージも受け取ったのです。

[画像] 矢嶋美由希のマインドマップ®

その後 私は 自宅で 「なりたい自分」の 自己流のマインドマップを描きました。
自己流のマインドマップでしたが これは 大きな収穫になりました。
この たった1枚の マインドマップが 今の私を創っていると言えるほどです。

マインドマップの魅力を 直観的に感じ取ったのです。
その後は 学びのまとめ に 取り入れていきました。

具体的には NLP(神経言語プログラミング 〜 優秀なセラピストのセッションを体系化した 実践的な心理学) を 学んだ気付きを 1枚の紙に まとめていきました。

テキストがあって 受講中に書き込んだメモもあります。
それなりに 理解出来ているつもりでした。

それなのに たった1枚の紙に まとめるだけなのに 苦労しました。

「だいたい こんな感じ」と 大雑把にしか 捉えられていないと マインドマップに出来ないのです。
自分なりに 筋道をつけて 関連性把握出来ないと 枝が広がっていかないし、
どう枝分かれしていけば 良いのか 手が止まってしまいます。

箇条書きだと 深く理解しなくても それなりに 行を埋めることが出来るけど
マインドマップは 本当に理解しているか 確認がしやすいのです。

毎回 マインドマップでまとめを 提出しているうちに 受講仲間から 声を掛けられるようになりました。
「楽しみにしているんだよねぇ〜〜〜」

マインドマップは 私の思考パターンを明確にしてくれる。
それだけでなく 私が この学びを 楽しんでいるということも 伝えてくれている。

その後 仲間が インストラクターの募集の情報を 教えてくれました。
私は ドキドキしながら 応募をしたのです。

[写真] トニーブザン氏と矢嶋美由希

2006年11月に 私たちは ブザンから直接 3日間の研修を受けました。
単なる 放射状のノート術だと 思っていた 多くの研修生は ブザンの人柄に触れ
マインドマップの事例に触れるたびに 喜びと驚きを 感じていきました。
「マインドマップが こんなに 奥深いものだったなんて…」というのが 共通の感想だったのです。

マインドマップとの出逢いは 長くは無いけれど 開発者のブザン氏から 直接指導を受けている。
ブザン氏 以外の 指導は受けたことが無い!というのは 幸運だと想っています。

このページの先頭へ

マインドマップ®の学び方

多くの雑誌・本 に載っている マインドマップが あまりにも 美しく 立派なので
「あんなのは 描けない」と 尻ごみしている方も 少なくないと思います。
私も そう思います。

[画像] 矢嶋美由希のマインドマップ®

中心に描くのは 「セントラル・イメージ」なのです。
セントラル・ピクチャー」では 無いのです。

ご自分のイメージを 表現できることが 大切だと思っています。

更に 言ってしまえば そのマインドマップは 何のために描くのでしょう?
その目的が 明確であれば 「セントラル・イメージ」に完璧なイラストを求めなくても良いのです。

マインドマップは 描き続けて頂きたいと思っています。
ですので むやみやたらと ルールを振りかざして小難しくする必要は無いと 想うのです。

ただ…
マインドマップのルールというのは 脳の働きに沿って 長年 研究を重ねてきたものだと言われています。
ですから、しっかりと 理解しておいて頂きたいと 考えています。
理解した上で 「今回は こんな風にしてみよう」 と 自分なりの使いやすさを 工夫していくことも 大切だと思うのです。

マインドマップを描いていて 何だか 違和感があるんだよねぇ…
発想を拡げていくのには 良いけど 結局は 使えていない…
本を読んだけど よく分からない…

そんな 受講生の 不安や悩みに 丁寧に対応しています。

「腑に落ちた」
「やってみたら 理解出来た」
「順を追って 説明されたので 取り組みやすかった」
そんな 体感型の 講座を お伝えしています。

このページの先頭へ

なぜ 矢嶋美由希なのか???

[画像] 矢嶋美由希のマインドマップ®

それは 保育士だったから です。

人が効果的に学ぶのは 「リラックスしつつ 集中している時」だと言われています。

保育士は その「リラックスしている状態」を つくりだすプロです。
安心して 過ごせる 言葉しぐさ雰囲気 を知りつくしていると言っても過言では ないでしょう。
それは 「集中している時」も 同様です。
大人に比べて 注意力散漫と言われる子どもたちを 惹きつけておけるのです。

学びに効果的な 状態一瞬で創りだせる講師 だと 言えるでしょう。

また 保育士の仕事は 砂遊び や お遊戯 だけではありません。

色々な職業 年齢 思想 価値観 をお持ちの 保護者(ご両親だけでなく 祖父母の方も含めて)の方の 不安や悩みに対して 適切に対応できる コミュニケーションスキル必要不可欠なのです。

「安心して 学べる場」 であるということは 講師と受講生 受講生同士 が双方向で やりとりして 刺激し合える場 であると言えるでしょう。
そのために 講師には 高いコミュニケーションスキルが 求められるのです。

そして、誰にも 無限の可能性があるということを 身をもって感じているというのは、
潜在的な可能性へのアクセスへの キーポイントだと考えています。

このページの先頭へ